このような症状に注意

屋根(色褪せ)

 

1番日当たりが良く色褪せが目立つので

メンテナンスが必要な場所となります

 

日当たりの悪い北面や湿った場所には

汚れやカビが発生しやすくなります

 

劣化が進み水分の影響を受けると

防水性が低下してしまい

建物の内部に雨水が侵入してしまう恐れがあり

大変、危険な状態となります

屋根(ひび割れ)

 

水を吸収し、基材内部で体積が膨張し

ひび割れが発生してしまいます

 

放置する期間が長くなると

塗装工事だけではなく

修繕工事となるので

工事費用が高くなる恐れがあります

陸屋根(雨漏り)

 

陸屋根は構造上、セメントに亀裂が入り

雨漏りが発生しやすい場所です

 

定期的な、防水工事が必要となります

外壁(汚れ・色褪せ)

 

色褪せが起こる主な原因としては

 紫外線です

 

日当たりが悪く、湿った場所では塗膜が劣化し

防水機能が低下するため

汚れやカビが発生します

 

また、色褪せがおきてしまうと

古びた印象にもなります

 

雨樋などの欠落も起こりやすいので

美観を維持することは、とても大事です

外壁(チョーキング)

 

外壁を触り、うっすら手に粉が付く状態を

チョーキングと言います

 

塗膜表面が劣化して起こる現象になり

紫外線・雨水から外壁を守る防水効果はなく

放置すると危険な状態です

 

人は真夏になれば

サンオイルを塗ったり、日傘を差したり

日焼けのケアはできます

 

ですが、外壁は365日

毎日、紫外線を浴びているので

塗膜(人肌)が傷んでしまい

ケアすることはできません

 

大切な住まいを守るために

メンテナンスも必要となります

外壁(シーリングの硬化)

 

大きな亀裂が入ってる状態です

 

サイディングの外壁には

必ずシーリングが施工されており

年が経つにつれて

弾性を失い徐々に硬化します

 

硬化し防水の役割をしていないため

外部から雨水が侵入し

雨漏りの原因ともなります

外壁(ひび割れ)

 

劣化が進むと、ひび割れが起きます

 

ひび割れが酷いものを構造クラックと呼び

早急なメンテナンスが必要です

 

クラックは外部から雨水や湿気が侵入し

さらなる劣化も招いてしまいます

 

軽度のクラックであれば

上塗り材の再塗装だけで対応できます

 

費用の負担も比較的に軽いです

 

しかし重度の劣化となれば

工程を増やした補修工事となりますので

費用の負担が重くなります

 

一刻も早いメンテナンスが必要です

外壁(鉄部のサビ)

 

鉄は「水分・酸素」の影響でサビが発生します

 

放置すると鉄本来の強度が失われ

危険な状態となります

外壁(タイルの浮き・ひび割れ)

 

新築後、10年起きにメンテナンスが必要です

 

タイルが落下し

死亡事故となったケースも

Copyright(c) 2022 カラークリエイト All Rights Reserved.