• TOPページ
  • >>
  • 塗装・防水工事
  • >>
  • 屋根塗装の必要性とポイント

屋根塗装の必要性とポイント

 

 お住まいで最も負担が大きい部分というと、真っ先に屋根が思い浮かぶのではないでしょうか。

 降雨に夜露、寒い季節になれば霜に積雪、さらに雹と気体から液体、そして台風や突風による飛来物すらぶつかり被害を受けることもあります。天気が良い日は日の出から日暮れまで太陽光に晒され、紫外線を浴び続けています。

 わたしたちの生活を守ってくれている屋根は定期的にメンテナンスすることで、もっと長く快適に暮らせるかもしれません。

 

 最近なんだか屋根が傷んできている気がする……最後に業者さんを呼んだのいつだっけ?とお考えの方はぜひカラークリエイトにお問い合わせください。

 今のお住まいで長く快適に暮らしていくために、最適な屋根塗装をぜひ提案させていただきます。

屋根塗装が必要な屋根材

 

 現在のお住まいで最も多いのが化粧スレート(コロニアル・カラーベスト)屋根です。

 英語で「屋根を葺(ふ)く材料(多くの場合、粘板岩)」という意味から名づけられています。

 

 厚み約5㎜ながら20~25年ほどは使用できますが、主原料がセメントですので吸水することで劣化してしまいます。屋根材を保護する塗膜が傷んでしまうと屋根材が吸水・乾燥を繰り返し徐々に屋根材が反り上ってしまうのです。

 結果、強風で煽られ割れてしまうことがあるため表面を塗装して防水性を確保することが非常に重要です。平均的な環境下では約10年毎に塗り替えが必要となります。

 

 日当たりが良い面は太陽光に晒され塗膜が劣化しますし、日の当たらない北面等はいつまでも乾くことなく苔が発生してしまいます。苔が劣化に繋がるように感じられない方も多いと思いますが、水分を多く蓄積し屋根材を痛めてしまう厄介な存在です。屋根塗装を行う際には苔や藻は一掃でき、且つ吸水することのない綺麗な屋根に仕上げることができます。

Before

After

 

 塗り替えで、防水性能アップ!

 

 金属屋根は素材によって塗り替えまでの年数が異なります。トタン(亜鉛めっき鋼板)は5~8年が目安です。年数で聞くと長いように感じられますが、日々の生活に追われながらのメンテナンスは非常に大変ですよね?対して近年注目を集めているガルバリウム(アルミニウムと亜鉛の複合めっき鋼板)は錆びにくいことから10~15年での塗り替えになります。

 金属屋根材は環境に左右されやすく、海の近くや鉄粉・埃が飛来しやすい工場周辺では極端に耐用年数が落ちる場合もありますので、そのような地域では早め早めのメンテナンスを心掛けてください。

 

 現在メンテナンスでトタンやブリキを使用することはほとんどなく、棟板金交換等で屋根の一部に使用されるのもほとんどがガルバリウム鋼板です。

 軽量で耐震性が高く、耐久性の割にはリーズナブルなことから徐々に人気を集めているガルバリウム屋根は補修していけば、サビによる雨漏りや穴あきなどのトラブルも防ぎ、長期的に使用することができます。

Before

After

サビや穴あき、雨漏りなどを防ぎ

長期的に使用することができます

粘土瓦以外の瓦は塗装が必要

 

 瓦がお住まいの屋根材として長らく用いられてきた経緯からか、屋根材のことを「~瓦」と呼ぶ傾向があります。スレート(コロニアル・カラーベスト)はスレート瓦や新生瓦と呼ばれることがありますし、金属瓦なんて呼ばれることもあります。ここではそれらを除いたもの、伝統的な日本の屋根瓦を瓦に分類します。

瓦は粘土瓦とそれ以外のものに分かれる

 瓦は粘土を焼き固めたものとセメントやコンクリートを成型したものに分類できます。(狭義では粘土瓦のみを瓦としている)

 

 屋根から取り外し、詳細な部分まで観察すれば分かるのですが、屋根に上るのは危険です。うちの屋根瓦はどの種類かしら?塗装が必要?そのような場合はカラークリエイトにご相談ください。

粘土瓦も一応、塗装はできるのですが…

 

 釉薬器瓦(陶器瓦)、いぶし瓦、素焼き瓦(無釉薬瓦)は塗装が不必要というだけで、塗ろうと思えば塗れますし、それぞれ専用の塗料も流通しています。ただし、一度塗装してしまうと、定期的に塗り替えが必要になりますので、費用対効果が悪くなります。
 また元より表面が滑らかですので塗膜の密着性が悪く、正しく施工しても剥がれてしまったというケースがあります。塗膜の剥がれほど見栄えの悪いものはありませんので、陶器瓦・いぶし瓦等は劣化ではなく徐々に風合いを増していく【経年変化】をお楽しみください。

 素焼き瓦は古くなってくると水分が染み込みやすくなり、凍害を受けやすくなるのでそれを嫌って塗装する方もおられます。

形が似ているコンクリート(モニエル)瓦とセメント瓦に   同じシーラーは使えません

 

 非常に形が似ているのがコンクリート(モニエル)瓦とセメント瓦です。どちらも型に入れ成形することから形が均一で陶器瓦よりも安く、1枚が大きい(必要枚数が少なく済む)ことから40年ほど前に普及しました。

 

 現在は廃盤になっておりますので屋根塗装以前に割れや欠損が著しい場合は、葺き替え工事をお薦めしております。原料自体は耐久性の高いものですので、定期的なメンテナンスをされているお住まいでは屋根塗装ができる可能性もあります!

Before

After

 

紫外線・雨風・温度変化等で

劣化した塗膜を塗り替えました

 この2種類の瓦、形が似ているだけなら問題ないのですが、コンクリート瓦にセメント瓦の下塗り材を使うと塗膜の寿命が短くなり、すぐに剥がれてしまいます。セメント瓦にコンクリート瓦の下塗り材を使った場合も同様です。

 

 瓦の小口(角)がデコボコしているならコンクリート瓦、逆に滑らかならセメント瓦という見分け方があるのですが、そういった知識や経験を持っていない業者も存在しますので気をつけてください。

 

 特にコンクリート瓦は注意が必要です。代表的な屋根材というとモニエル瓦・パラマウント・スカンジア等が挙げられますが、屋根材表面にスラリー層と呼ばれる着色セメントとクリアー塗装で形成された膜があります。劣化させないことを目的に施工されていたスラリー層ですが、期待通りの耐久性を持っています。この耐久性が屋根塗装時には厄介なのです。

 

 通常屋根塗装は屋根材の種類にかかわらず、塗膜が劣化した時が塗り替えのタイミングといわれています。塗膜がしっかりしている状態で塗り替えを行おうとしても密着性が悪く剥がれることがあるのです。化粧スレートが10年程度、金属屋根材が10~15年といわれているのは、その屋根材の塗膜が劣化する頃合いなのですが、これは新築後初めての塗装をされる場合です。2回目以降は使用した塗料の耐久性に合わせて検討していきましょう。

 

 以上のことを踏まえても早く屋根塗装を行えば良いというわけではないのです。コンクリート瓦のスラリー層も同様です。劣化しにくいことから屋根塗装を行うにあたり十分な高圧洗浄、専用下塗り材を使用して密着性を高めなければならないのですが、屋根材の知識がないと塗膜の剥がれ、過度な塗装を行いトラブルが発展する危険がありますのでご注意ください。

塗料の種類や特徴

 

 塗料にはおおむね3種類あります。シリコン・フッ素・無機、それぞれ特徴を見ていきましょう。

 

 これらを選んだ上で、特殊効果のある塗料にするかを決めます。

 

 必要やご予算に応じて塗料をお選びください。

 

 

 塗料を水性にするか油性にするかで、家屋のコンディションも違ってきます。

 

 屋根は防水効果が高い油性塗料を用いることが多いです。高所の屋根は塗料の臭いの心配をする必要が少ないため、耐久性の高い油性が屋根には適している傾向にあります。

 

 一方、水で希釈する水性塗料は臭いが少ないのが特徴です。屋根材によっては水性塗料のみしか使えない場合もあります。詳しくは点検やお見積もりの際に施工業者にお尋ねください。

 

 足元が不安定なところでしっかりとした工事なんてできるわけがありません。安全性と作業性、両方の面から足場の仮設は必要になります。

 

 屋根の勾配(角度)が急な場合は屋根の上に足場(屋根足場)をかけることもあります。屋根の急な斜面でもこれで確実に作業ができます。

 

 アンテナなどがある場合は最初に移動させます。その後、150Mpaという水圧で屋根を洗浄していきます。普段はほとんど目にしない屋根の上、実はかなり汚れているのです。スレート屋根に多いのが苔の繁殖ですが、150Mpaという水圧の前では一溜りもありません。

 

 高圧の水を吐出するだけが高圧洗浄機ではありません。先端のノズルを替えることによって、水流に回転をかけることもできるのです。トルネード回転をかけることによって、より確実に汚れを落としていきます。苔やカビ、藻が繁殖している場合は専用の洗浄液を使用(バイオ洗浄)することもあります。

 

 劣化や飛来物でスレートにヒビや欠けがある場合はこの段階で補修します。専用の樹脂材でひびを埋め、欠けている部分は接着します。

 棟板金を固定している釘に緩みが出ている場合はしっかりと打ち込み、必要な場合は追加でステンレスビスを打ち、固定します。

 

 棟板金にケレン(ヤスリなどを用い、サビや不要な汚れ、旧塗膜を落とすこと)を行います。表面が鏡面でツルツルしているよりも、ある程度ザラザラの方が塗料は密着しやすいのです。

 

 塗料が飛んだり、跳ねたりして、塗らなくてはよい部分を汚してしまうことを避けるため、ビニールシートやマスカー、テープで覆います。

 屋根塗装は外壁塗装に較べて、養生する部分は少なめになります。

 

 シーラーやフィラー、プライマーと呼ばれる下塗り用の塗料を塗布します。スレート屋根の下塗りで弊社が主に使用しているのはベスコロフィラーです 。

 

 ベスコロフィラーはシーラーレスフィラーで、シーラーとフィラー、両方の機能持った下塗り材です。スレートを強化し、仕上げ塗り塗料を密着させます。スレートの屋根の塗装では下塗り後に必ず縁切りを行います。

 
縁切りの様子 
 屋根塗装を行うとスレートとスレートの重なり部分の隙間に塗料が入り込み、塞いでしまうこともある。この隙間は排水や水切り、湿気の放出のために必要であり、適切な大きさでないと毛細管現象を起こし、雨水を内部に吸い込んでしまうことも。縁切りはスレートとスレートの重なり部分にタスペーサーという部材を挿入し、適切な隙間を作ることを指す。

 

 タスペーサーの設置に伴ってはシングルとダブルに分かれます。シングルは屋根材1枚に対しタスペーサーが1つ、ダブルは2つになります。ダブルの方が十分な縁切りが行えますが「屋根が割れやすくなると聞いた」とご相談を頂くこともあります。単刀直入に言うとタスペーサーを差し込んだ部分に何度も乗るような行動をすればスレートが割れてしまいますが、ダブルにしたからと言って割れやすくなるという事はありませんのでご安心ください。私たちカラークリエイトではダブルでの施工をお奨めしております。

 

 下塗りが乾きましたら、中塗り(仕上げ塗りの1回目)を行います。屋根はお住まいの中でも耐久性が要求されるので、この後に仕上げ塗りの2回目となる上塗りを行い、頑健な塗膜を形成します。

 

 近年では最近は夏場の暑さを低減し、光熱費を節約することができる遮熱塗料が人気です。実際に遮熱塗料で屋根塗装を行ったお客様にも好評です。夏場の暑さに悩んでいる方はぜひ、ご相談ください。

 

 

 屋根塗装の最後の工程です。中塗りが乾燥した後、上塗りを重ねていきます。まるで屋根が新品に戻ったようです。

 

 これで次のメンテナンス時期まで屋根の心配をせず、安心して過ごすことができます。しかも遮熱塗料を使用したので、暑い夏も快適に過ごせるでしょう。

 

 上塗りが乾燥したら、屋根塗装工事は完了です。まずはスタッフが点検・確認を行います。その後、再度お客様と一緒に点検・確認を行います。この状態ではまだ足場がかかっているので、可能でしたら上ってみてください(安全のため、ヘルメットをお貸し致します)。普段は見ることができない屋根をじっくりと観察できるいい機会です。

 この後、足場を撤去し、お住まい周辺の清掃をします。保証書をお渡ししたら、いよいよ竣工となります。保証内容に沿ってスタッフが定期的に点検にお伺いします。今後もよろしくお願い致します。

 

 施工実績をもつ私たち「カラークリエイト」。屋根塗装をやってよかったというお客様の感想がたくさん届いています。

こんな業者には要注意!

 私たちカラークリエイトでお問い合わせをいただく中には「費用が重視」「周りに迷惑をかけたくないから早く工事をしてほしい」といったご要望もございます。生活がある中で高い出費、周辺環境との関係、皆さんが感じられていることでしょう。もちろん安く早く適正に塗装工事ができる業者さんが理想です。

 しかし中には「安かったから頼んだけど安価な塗料だった」「早く工事をしてもらったけど数年後に剥がれがみられ2回塗りということに気付いた」等、後悔してしまったという方もいらっしゃいます。

 

 塗装工事を行うにあたり、上記でご紹介した施工の流れはどうしても必要なのです。そのため、工期が1日短くなることがあっても1日、2日で終わる工事ではそもそもないのです。


 また高耐久の機能性塗料を使用すれば費用は自ずと高くなります。しかし次のメンテナンスまでの時間が長くなるのであればそれは無駄な塗装メンテナンスではありません。

 

 塗装を行ってから雨漏りが起きてしまった(タスペーサーを取り付けていなかった)、色にムラがある(下塗りが不十分だった)等、後悔してしまうようなメンテナンスは行ってほしくありません。

 私たちカラークリエイトでは点検・お見積りを無料にて承っております。もちろん相見積もりでの比較、適正価格の把握といった理由でももちろん構いません。

ポイントとまとめ

 1.屋根材によっては塗装が必要不可欠な屋根材と必要のない屋根材がありますので、まずは今現在お住まいにどのような屋根材が使用されているのか、またいつ頃メンテナンスをされたのかを把握しておきましょう。
 
 2.近年多く使用されている化粧スレート、金属屋根材は塗膜の劣化によって傷んでしまいますので塗装が欠かせません。塗り替えの目安は化粧スレートが10年、ガルバリウム鋼板は10~15年程度になりますが、2回目以降の塗り替えは前回使用した塗料の耐久性によって異なります。
 
 3.コンクリート瓦、セメント瓦は吸水で耐久性が低下してしまいますので屋根塗装が欠かせません。コンクリート瓦は密着性を高めるための対策が必要ですので、必ず屋根材が見分けられ必要な施工工程がわかる塗装業者に工事を依頼しましょう。
 
 4.屋根材により施工の流れは若干異なりますが、屋根塗装に高圧洗浄と3回塗りは欠かせません。必ず十分な乾燥時間を設けるため極端な工期短縮は望めませんが綺麗に仕上げるための最低限のルール(鉄則)です。
 
 5.メンテナンスにあたりもちろん費用・日程は非常に重要です。しかし適切な工事が行われていなかった場合、やり直しや雨漏りを起こすリスクも高まります。まずは屋根塗装を依頼する塗装業者が正しい知識を持っているのかを見極め、やってよかった!と思える屋根塗装メンテナンスを行えるようにしましょう。
Copyright(c) 2022 カラークリエイト All Rights Reserved.